ホーム
ニュース
オーダー
新着情報
お買い物
ウェディング
くすくすについて

cous cous(くすくす)は、大阪・中崎町にある、ワンピースのお店です。
2007年2月24日にオープン、2014年6月に、同じ中崎町内で移転しました。


移転後は、夫が営む 雑貨屋「ひより。」 と合同店舗になりました。
 



好きなものに出会ったとき、思わず笑みがこぼれる、そんな瞬間の “くすくす” をお届けしたくて、小さなお店をはじめました。
店の奥に作業スペースがあり、デザインから縫製までのすべての工程を、手作業で丁寧に行っています。

オリジナルの商品には一点一点に女の子の名前をつけ、娘のように大切につくっています。
ほとんどが一点ものです。

店頭のお洋服はそのままお買い上げいただける他、オーダーメイドも承っています。
ワンピース、ブラウス、スカート、パンツなどのアイテムや、 メンズシャツ、ウェディングドレスもおつくりします。




もともとcous cous(クスクス)とは、世界最小のパスタの名前。
小さいながらも満足感のある料理として、フランス料理等でもおなじみです。
蒸すときにクスクスクス・・・と音がすることから、この名前がついたという、由来もかわいいですね。

大好きなカフェめぐりで出会ったその名前にシンパシーを感じ、
クスクスのように、小さいながらもお客様の心を満たせるお店になりますように、
また、わたしたちのつくった服を着たひとが、くすくすと笑顔になれますように、と、
ふたつの願いを込めて、cous cousと名づけました。

女の子独特の、口に手を添えてくすくす笑う雰囲気が出せたらいいなと思います。




【オーナー/店主】 



井 可奈子 い かなこ

デザインから、パターン、縫製、販売まで、ひとりで行なっています。


1982年 熊本生まれ
2003年 マロニエファッションデザイン専門学校(大阪)卒業
2004年 友達と二人でアトリエを借り、「cous cous」を立ち上げる
2006年 勤務していたアパレル会社を退職 個人活動開始
2007年 大阪・中崎町に「cous cous」オープン



cous cousの服づくりは、シーズンごとにテーマを決め、その企画にそってデザインします。
ひとりでデザイン・パターン・縫製までを行います。
服をつくる各工程で、何度もチェックし、より完成度の高い仕上がりを目指しています。

cous cousのお洋服を手にとっていただいた方へ、
つくり手からのメッセージがよりダイレクトに伝わるように、心をこめてお作りします。